■ついつい子どもに口を出したくなる時は、どんな時ですか。

悩み












小学生も高学年になると、

「最近、子どもが親といるのを嫌がる」とか、

「全く言う事を聞かない」とか、

そういう事はありませんか。


 

これは、その子が大人になろうとする

「自立」のサインです。

 

ここで、いつもと変わらず指導しようとしたり、

世話を焼いたりすると、

反発されたり、うざがられたりしてしまうかもしれません。

 

親子喧嘩には、

我が子を“子ども扱いする”大人と、

“大人になろうとする”子どもの

“反発”によって起る側面があります。

 

なので、大人側が、

その子を“子ども扱い”をしなければ、

反発は起らないので、子どもは反抗期にならないと言われています。

 

お子さんが思春期の時期に、

とてもいい親子関係を築いている方々に

話を伺うと、共通して話されるのが、
子どもは子ども。私は私。全くの他人なんだ。って気づいてから、肩の力が抜けて楽になったわ。」

とか、

「よその家の青年だと思うようにして過ごしている。自分の子だと思うと、心配で口を出したくなるけど、

よその子だと思うと、『頑張って』と応援したくなるのよね。

とか、

そういったお話でした。

大人側が、口を出したくなるのをぐっと押さえて、

いかに待てるかが問われているのかもしれませんね。

 

【今日の質問】

あなたがついつい子どもに口を出したくなる時は、どんな時ですか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です