■今日はどんないい事がありましたか(寝際がとても大事だという話 )

5455839

突然ですが、

皆さんは、夜眠りにつく時に、何を考えていますか。
あるクライアントさんから
「毎日自分には嫌な事ばかり起こる」という趣旨の、
相談を受けた事がありました。
(守秘義務があるため、詳しくはお話できませんが)
その方に、「寝際に何を考えているか」訊いてみました。

そうしたところ、
「悩みについて考えている。その日にあった嫌な事、辛かった事とか、思い出して嫌な気分になる」
とのこと。

そりゃあそうなるはずだ。
と思いました。
脳には、「網様体賦活系」
という情報を取捨選択して記憶する場所があります。
私たちは、あらゆる情報を100%で受け取っているわけではなく、
焦点を充てたものを受け取っています。

 

例えば、街を歩いていて、「おなかがすいたな」と思った途端、
それまで気にも留めなかった
ラーメン屋さんやドーナッツ屋等、飲食店が
急に目に入ってくるのはその機能が働いています。

一人ひとりの「網様体賦活系」は違うので、
同じ出来事を体験していても、それをどう捉えるか、
“世界の見方”は違います。

その方は、「嫌な事」に焦点を充てているために、
自分にとって「嫌な」情報がどんどん脳に入ってくるのでしょうね。
さらに、寝ている時に、その日に逢った情報を処理するため、
眠りにつくかつかないか直前に考えていた事が最も記憶に残りやすい
と言われています。
だから、毎日HAPPYな気分で過ごしたい人は、
せめて寝る時だけは悩みを一切持ち込まないで寝る事をおすすめしま
す。

その代わりに、楽しいこと、嬉しいことについて、
考えるといいと思います。
ぜひ試してみてくださいね。

 

 

【今日の質問】

「今日はどんないい事がありましたか」

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です