こどもみらい創造舎

東京まち歩き探検

=======================

「東京まち歩き探検」とは?

福島の原発事故により、都内に避難してきている子どもたちを対象に、
まだまだ続く避難生活が充実したものになるようにと開催した、「東京まち歩き探検」。

講師に、まちづくりを専攻する東大生を迎え、まち歩きを通じて
住んでいる近辺で、また足を運びたくなるような場所“お気に入りスポット”を
みつけようという企画です。

今回は、放課後NPOアフタースクールさんと一緒に、避難先のとあるマンションに住む小学生を対象に行いました。

=======================

▼当日の様子

地図をみんなに配り、ゴールだけを示して、あとは自由!
普通のツアー企画なら大人についていけばいいけれど、それじゃ、面白くありません。
自分たちの頭で考えて、自分たちで決めて動く。

初っ端から、みな逆方向に進んでいきましたが(笑)、こうやって失敗を重ねながら地図の見方を覚えるのでしょうね。

blog_import_51642dffe47f4

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの感性で、“お気に入り”を集めます。
きれいなマンホール、変わった女の人の銅像、セミの鳴き声…。

blog_import_51642e0107dfe

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも、「太陽にひかる海がキラキラしてきれい!」
「なんだかとっても落ち着く。。」と、川辺の公園が大人気。

blog_import_51642e023ee84

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ゴールに無事到着!!

 

せっかくゴールである広場についたので、みんなでフィールドビンゴゲーム!!
その後、みんなの強い要望により、ドロけいをしたり凍り鬼をしたり、思いっきり駆け回りました~。
大人チームはもうヘロヘロ。(笑)


blog_import_51642e03d0f95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。楽しく遊んだあとは…いよいよ本題。
“お気に入りスポット”を持ち帰って、地図を作成!

blog_import_51642e053837e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図が完成したら、みんなで発表会♪
「この場所いいな~」と思ったところを、シェアします。
それをきき、共感した箇所を「いいねシール」を貼って、一人ずつ投票。

blog_import_51642e066dc2d

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな、よく頑張りました!

 

 

▼まとめ

当日、まち歩きをする中で、こんな一場面がありました。

「ぼく、自転車持ってるんだ!このノートも持ってる!これも!ほらみて!」

「へぇ、いいね~どうしたの?」と講師が訊くと、

「被災者だから!(貰った!)」と元気に答える子ども。

その姿に、拍子抜けしてしまったと言います。

普段、“被災者”ということで多くの方々に、

過剰なまでに支援を受けることも多々あって。

今回は、「もらって終わり」にするのは、少しもったいないな、と思いました。

私も一被災者だからこそ思うのですが、

被災者だからとはいえ、

いつまでも“与えられる”立場ではいられません。

彼らにも「みんなにも、幸せのおすそ分けをしようか~。」と、

「地図づくり」という“お仕事”を託しました。

発見した“お気に入りスポット”を他の居住者にも見てもらい、

住んでいる場所の良さを知ってもらえるようにします。

任された子は、

「じゃぁ、下書きと分けて書くね!ちゃんときれいに書きたいから!」など

はりきった様子。

最年少の7歳とはいえ、任せられると嬉しいのでしょうか。

今後は、この地図を見た方にはできれば感想などを書いてもらい、

子どもたちにフィードバックしていく予定。

こういった、自分がしたことで誰かが喜んでくれた、役に立てたという経験が、

“自分でも何かに影響を与えられる”という自己効力感がつくことにつながると思うんですよネ。

この自己効力感の蓄積によって、将来自ら周りの環境を、

そして社会を変えていく人材になると、信じています。

今回参加してくれた子どもたちが、この震災を糧に、

力強く成長してもらえればこの上なく嬉しい限りです。

 

One thought on “東京まち歩き探検

  1. Pingback: 被災者支援の取り組み | こどもみらい創造舎