夏休みの自由研究「20人で巨大ピタゴラスイッチは創れるのか?」に挑戦!

P8210664

 

8/20-21の2日間、栃木の昭和ふるさと村にて、
こんな自由研究やってみたかった実行委員会主催の
親子で夏休みの自由研究にチャレンジする企画に参画してきました。

今回のテーマはずばり”創造性”
NHK教育番組「ピタゴラスイッチ」でおなじみの、ピタゴラ装置を創ります。
 しかも、ただ単に番組と同じように創るだけではつまらないので、
・体育館一面を使って巨大な装置を創ること
・チームで一つの装置を創ること、この2つを条件に加えました。
どんな装置を創ったら面白いか、
皆でアイディアを出し合い形にしていきます。

果たして、どんな装置が出来上がったのでしょうか。

 20070130b

 

▼制作したピタゴラ装置はこちら!(全13パート)

 1.スプラッシュホースP8200552 2.ビー玉の滑り台
P8210611
3.本のドミノ
P8200539
 4.転がる風船
P8200540
 5.レンゲの階段
P8210608
 6.転がるテープ
P8210642
 7.木の棒伝達リレー
P8210643
 8.木材ドミノ
P8210634
 9.ビー玉リレー
P8200543
10.飛び出すスポンジボール
P8200544
 11.木材ドミノ2
P8200545
 12.人間バトンリレー
P8210707

13.飛び出す看板
P8210646

 

 

 

 

 

 

 

 

ビー玉の重さや板の角度などを変えたり、
バスケットのゴールやホース、レンゲやおもちゃのピストルなど、
その場にあるものや家庭から持ってきたものを上手に取り入れたり、
試行錯誤して自分たちのアイディアを形にした参加者たち。

最後は、皆で1~13のパートを通して装置を動かしてみます。
途中何度か止まったところもありましたが、一同ハラハラしながら見守り、無事フィニッシュ!
巨大ピタゴラ装置、ちゃんと創ろうと思うと結構大変なんですね。

 

■参加者の感想(一部)

「(自分がつくった木材のドミノ)成功して嬉しかった!きっとうまくいくと思った。(小2女子)」
「(途中で止まって)悔しかった!”7.木の棒伝達リレー”の所でもっと台を固定したらよかったんじゃないかなぁ。(小3男子)」

「あと一歩、調整が必要な所があって残念でした。
でも、こうやればうまくいくんじゃないかと、考えた仮説を何度も試してみる子どもたちの姿が、
とっても熱心で印象的でした。試行錯誤する体験は大事だと思います。(20代女性)」

 

P8210719

 

 来年の夏も、「こんな自由研究やってみたかった」をテーマに、自由研究に挑戦します。来年は果たしてどんな自由研究になるのでしょうか。乞ご期待!アイディアやリクエスト、大募集中です。お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。  2013-08-04 13.02.18

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です