被災者支援の取り組み

こどもみらい創造舎の石川です。

震災から2年が経ちました。

私事ですが、

偶然にも、2年前は福島に住み、福島で働いていました。

震災時、あれほど「死」を身近に感じたのは、

生まれて初めてでした。

亡くなった方や、

身内や近い友人を亡くされた方を思うと、

今でもいたたまれない気持ちになりますが、

生き残った私たちが

その分精一杯生きようと、

思い出す度に、身が引き締まる想いになります。

震災以降、私にできる事はないか

悩みに悩みました。

せめて、一緒に福島から避難した子どもたちや

そのご家族たちが、安心して東京生活を送られるように、

ささやかな活動を始めました。

 

———————————————————————————
■「東京まち歩き探検

■「六本木まち歩き探検/お仕事発見」(放課後NPOアフタースクール/バークレイズグループ共同企画)

■「国際交流パーティ」(放課後NPOアフタースクール/ドイツ銀行様共同企画)

———————————————————————————

 

放課後NPOアフタースクールの皆様を始め、

多くの人からご協力を得て、

被災者家族にプログラム提供する機会に恵まれました。

いつもお逢いすると、子どもたちも元気で楽しそうだし、

お母さん方も元気そうで気丈に見えるのだけど。

ふとした時に、打ち明けられる

頼れる身内が傍にいない事や、いつ帰れるんだろうかといった

漠然とした不安は

やはり今もあるようで。

私ができる事は、

たまにイベント開いて、話を聞くことなど、

本当に少ないのだけれど、

これからも、少なくてもできる事は今はやっていければと思います。

 

いつも応援してくださる皆様、本当にありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

平成24年3月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です